人気店グルメ情報
HOMEビジネスシーンに使える > ビジネスシーンに使うなら機密性重視

ビジネスシーンに使うなら機密性重視

ビジネスで商談を行う際に食事を取りながら商談という場面も少なくありません。その場合、レストランなどの隣の席の人に会話の内容を聞かれてしまうようなお店を使ってはいけません。ビジネスの会話というものは無関係な人に聞かれていいものではなく、また、ライバル社の人間がその場所にいた場合情報が漏洩してしまします。そうならないように、お店で商談を行う場合は、完全な個室、強いては高級料亭など部外者には絶対に情報が漏れないところを選んでください。

高級料亭は日頃から商談や会合で利用されているため、たとえそこで働く従業員に内容を聞かれたとしても、そういうお店の従業員はしっかりと教育が行き届いているため、決して口外することはありません。

社内クーデーターでもお店を使おう

同じ会社の人間同士の会話でも社外秘の内容を話す場合は、場所をわきまえて話しましょう。一番は社内の内容なのですから社内で話すのが正解です。しかし、同じ社内でも極秘の内容などもあると思います。

ある会社の話をします。

北朝鮮のように独裁的な社長がいる会社がありました。部下たちは独裁社長の元我慢をしながら働いていました。しかしあるときその我慢も限界にきました。通常なら転職を考えると思いますが、自分たちの仕事には誇りを持っていましたし、その仕事を放り投げて転職するのは何か違う。その時思いついたのが社長の解任です。いわゆるクーデターというやつです。

社長を解任させる場合、取締役会で取締役の過半数の賛成があれば社長を解任することができます。そのため、取締役の賛成を取り付けるために説得の話し合いをします。この話し合いを社内でするわけにはいきませんよね。

この場合、社外で話をするわけですが、いつどこに社内の人間がいるかわかりません。なので、社内の人間が来ないようなお店、さらには個室になっているようなお店で話をします。

ここでも高級料亭を使いたいところですが、営業の話と違い経費では経費ではおちません。何人も取締役はいるので、それら全員と高級料亭で話すとお金がもちません。この場合には機密性のあるお店を使いましょう。防音性ナンバー1の場所はカラオケです。カラオケの部屋の防音性能は高く、マイクを使って叫ばない限りは絶対外に声は漏れません。意外とカラオケ店って周りに聞かれたくない話をする場合に使える場所なんです。

もしくはホテルの部屋という場所もあります。ホテルも防音性能はしっかりしており、なおかつ部屋の中なので外部に声が漏れることはありません。それぞれがそれぞれでホテルの部屋にでは入りをすれば、一緒にいるところを見られるという心配はありません。そのため、内容を聞かれたくないということならカラオケ店もおすすめです。

この人は結局それぞれの取締役を説得し、取締役会で緊急解任動議をだし、独裁社長は賛成多数で解任されたそうです。

単価4万円の超高級料亭「つきじ治作」

昭和6年に創業した銀座の老舗料亭「つきじ治作」。一定のランク以上の人間なら知っているであろう高級料亭です。なんとコース料理は最低でも40,000円から。簡単に行けるお店ではありません。

建物いや、敷地に一歩踏み入れるだけでここが別世界だと感じることができるでしょう。

日本一地価が高いと言われている銀座で800坪もの敷地をもち、敷地内には滝が流れています。大都会東京の中に滝があるんです。とても驚きですよね。

そして滝が流れ落ちた先にある池の中には日本を代表する錦鯉が150匹優雅に泳いでいます。

春夏秋冬…季節によって四季折々の風情を魅せる圧倒的なロケーションの中にいたるところにに贅を尽くした建物が。これが「つきじ治作」その店です。もちろん一見さんはお断り。紹介者無しでは入ることもできません。

政財界の人たちもこのつきじ治作を長く愛し、ここで公式非公式で行われた会談でどれだけ日本の歴史が変わったことでしょうか。それほどまでにこのつきじ治作は特別なお店なんです。最近では、海外からのゲストをもてなす時にもつきじ治作が利用されています。

つきじ治作の名物は「水炊き」。この水炊きは創業から専門の職人が門外不出のレシピで作られ、一度でも味わってしまったら他の水炊きを食べられなくなるほどの逸品です。政財界の舌の超えた人たちすらこの水炊きには感動の声をあげます。

普段は一見さんお断りのつきじ治作。しかしごく稀に一見さんでも受け入れてくれることがあります。ホームページにすら載せない秘密の特別プラン。しかも通常40,000円するコースが15,000円で味わえるとのこと。知る人が知るお得なプレミアムプラン。もちろん名物の水炊きも味わえます。

いつこのプランが行われるかは全く不明ですが、このプランで味わった人がいるということはなにかしら知る術があるということです。もしも知ることができたのなら、ぜひこの機会に足を運んでみることをおすすめします。